MMDとUTAUでできること

ゆっくりといきましょう

動画の紹介 

先日ご紹介したCHAN×CO氏風 雪歌ユフ(改変モデル)も時々使われることがあるのですが、使っていただいたものの中から1つ動画をご紹介したいと思います。

 

 

 

 

これは、司馬晋一郎@上様Pという方が作成された揺歌(ゆりか)サユと雪歌ユフというUTAUのキャラクターを主人公とした楽しくほのぼのとした物語です。動画はモデルの特徴を生かしコミカルで可愛らしく仕上がっています。もちろん、物語もちょっとした冒険要素もありラストの締めまで楽しめるようにできています。

モデルを動かすことをモーションを付けるといいますが、この方の動画は、通常の会話のシーンでも身振り手振りのモーションが付いていて楽しく見ることができます。(会話のシーンに動きを入れるのはなかなか難しいのです・・・)

 

 揺歌サユも雪歌ユフもUTAUの初期からある音源で声質はともにウィスパーボイスとされペアで使われることも多いです。タイトルにある雪パンダとはこの両キャラクターがペアで使われるときにそれを指す言葉で、雪とは雪歌ユフ、パンダとは揺歌サユの特徴を分かりやすく表現したものです。

 

 現在、UTAUには何千ものキャラクター(音源)があるとされています。これはユーザーが自分で音源を作成することができるため音源を作成するごとにどんどん増えていくからです。これだけあるので全体像を把握することは難しいのですが、インターネットの検索機能やwiki機能でその一部を垣間見ることができます。